この春発売の新商品「焼のり名人」をご紹介致します。

こちらの商品、国内産ののりを使用した板のりサイズの焼のりで、枚数は「10枚(=1帖)という昔から馴染みのある 枚数で一見変わった所はなさそうですが、通常の弊社商品と異なり海苔に穴開け加工をすることでサクッと切れる歯切れ と口どけ感をアップさせています。弊社ではその加工を「サクッ切れ仕上げ」と名付け今回の商品より採用しました。

「海苔屋のおすすめ」とパッケージに一言ある通り、幅広い料理に使える使い勝手のよい焼のりです。

→「焼のり名人」の詳細・お買い求めはこちらから

 

桜の花も咲き出した今週、弊社では入社式が行われ今年度は女性4名が入社しました。

今後、研修を経て製造部へ配属されます。これからの活躍を期待しています!

 

かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい

かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい

本日3月3日はひな祭り。そんなお祝いの日にぴったりの手巻寿司をご紹介致します。

通常の板のりサイズを4等分にしたお子様でも食べやすい大きさの海苔を使います。手巻寿司というと通常酢めしに刺身などが定番かと思いますが、こちらはいつものごはんに好きな具材を載せてそのまま持って食べるお手軽な手巻寿司です。ミートボールやエビフライなどのお子様に人気の具材も使えます。お好みでマヨネーズやふりかけなどもOKです。

ぜひ、一度お試しください。

 

→使用した海苔の詳細・お買い求めはこちら

 

以前ブログでも紹介しましたが大島愛子さんのキャラ弁と永井海苔がコラボすることになりました。今回永井海苔ホームページ内に特設ページを作りましたのでぜひ、ご覧ください。

愛子先生直筆のキャラ弁レシピ、型紙をダウンロードすることも出来ます。

今後もキャラ弁レシピを増やしていきますのでお楽しみにください!

→こちらからご覧いただけます。

 

poosima4.jpg

先日の節分2月3日の一日前に商品企画部、毎年恒例のコンビニ各社様の恵方巻き試食会を行いました。店頭で購入して食べ比べて味や海苔の質、パッケージなど意見をまとめます。

 

pehou01jpg.jpg

ずらっと並んだこれだけの種類を調査します。

pehou02.jpg

こちらスタンダードなタイプの恵方巻きです。

pehou03.jpg

こんな高級感あふれる豪華なものや

pehou05.jpg

えびフライがまるっと入ったものや

pehou04.jpg

こんなかわいいお弁当の付いたものまで様々です。

pehou06.jpg

そしてスイーツも太巻ロールで売っています。

 

各社どちら様もおいしく召し上がらせていただきました。鬼

先日、韓国に海苔の視察に行って参りました。韓国の木浦という場所にお邪魔して、韓国における海苔の現状を見て参りました。

 

 

 

韓国の海苔の入札は日本と違い、一艘ごとにせりにかけられます。買付業者は値段を書いた紙を取り仕切る人に渡し、一番高い値をつけた人が買うことができます。火入れしていないものを見付けして購入するため、とても難しいです。

 

 

海苔の一次工場にもお邪魔しました。韓国では、海苔の生産と火入れは全く別の業者がやっています。近年は、世界的な需要の高まりもあり、異物に関する対策などがどんどん進んでいます。また、日本向けの商品も多くつくられています。

 

韓国はとても近くにありますが、日本とは異なる点がとても多くあります。ぜひ一度、韓国に訪れてみてはいかがでしょうか。

年が明けて、当社工場は節分の恵方巻きが近いこともあって海苔の需要も多く忙しい状態が続いています。

そんな中、当社の人気商品である「ジャバンのり」が韓国から船で専用コンテナに入って運ばれて来ました。入荷の際は私達もお手伝いして大量のダンボールケースを荷卸致します。

40フィートのコンテナにぎっちり満タンで入っています。

今回、その数は実に2400ケース(48000袋分)です。この後、全国のスーパーさんなどに出荷されます。これだけの量があってもすぐに無くなって再度入荷になります。

 

ジャバンのりも発売して5年位が経ちますが「そのまま食べてもおいしい」「料理のトッピングとしても便利」という声を多数の人から聞くようになりリピーターの方も増えています。

この商品、単なる韓国のりの輸入品という訳ではなく当社オリジナル商品として日本人の味覚に合う味付にこだわって作っています。

数ある当社商品の中でもおすすめのジャバンのり、ぜひ一度ご賞味ください。

→ジャバンのりの詳細・お買い求めはこちらから

 

 

先日、来年の節分恵方巻きに使用する海苔にご祈祷してもらうために

弊社お得意先様と同行して静岡県袋井市にある「法多山尊永寺」に行って来ました。

「はったさん」と呼ばれるこのお寺は厄除けのお寺として有名で、初詣にも多数の人が訪れます。

自然に囲まれた参堂を歩いていくと本堂があり、ここでご祈祷していただきました。

 

ご祈祷してもらう海苔です。恵方巻きのご祈祷のりとして使われます。

 

さすがに紅葉は終わっていましたが山の中にある境内は四季を通じて楽しめそうです。

 

名物の厄除け団子は昔からお土産などでいただくことも多く、馴染み深い食べ物です。

今回は参堂途中の茶屋でいただきました。作りたてのおいしさは絶品です。四角い団子の上に乗ったあんですが、さっぱりとした味で何本でも食べれそうです。

 

そして、今年も一年このブログを見ていただいた皆様お楽しみいただけましたでしょうか?

更新頻度をもう少し上げたい所ですが、日々忙しくもありまして・・・。

また来年ご期待ください!

この度、愛知第1回入札品の【初摘み新のり】を使用した

永井特撰焼のり「磯の煌三河湾産」を数量限定で販売することになりました。

 

本品は去る12月4日に行われた愛知第1回入札品の【初摘み新のり】原料を使用した焼のりで、その中でも味、香り、色艶が優れた上質な海苔を弊社目利きの職人が厳選して使用しています。

これからの時期、ご家庭で年末年始のちょっと特別なごちそうやお正月のお餅に巻いて使ったり、大切な人への贈り物などにもお使いいただけます。

 

→商品詳細・お買い求めはこちらから

(商品出荷は12月20日頃を予定)

 

12月4日の愛知第1回の入札風景です。手前、奥に写っている弊社目利きの職人が本品にふさわしい海苔を厳選して入札に望みます。その結果、・・・無事に落札出来ました!

近年、海苔の原料価格の高騰が続いていまして高値での落札となりましたが、その分お客様においしい海苔をお届け出来ます!数量限定での販売となりますので、この機会にぜひ新のりならではのおいしさをご賞味ください。

今回、縁あって岐阜県羽島郡の岐南町役場で行われた

大島愛子先生のキャラ弁教室に取材を兼ねて見学させていただきました。

大島様との発端はキャラクター弁当に海苔は必要不可欠とのことで

キャラ弁を通して海苔をPRしていただける運びとなりました。

インスタなどで大島様のお弁当を見させていただくと驚きの連続で、

実際にキャラ弁の作っている教室にお邪魔させていただきました。

 

poosima1.jpg

今回のキャラ弁に使う材料の鮭のナゲットと餃子の皮をフライパンで焼いたものを作ります。

poosima6.jpg

キャラ弁作りのコツを先生が説明します。

poosima2.jpg

海苔やスライスチーズをはさみで切ったり型で抜いたりします。

poosima3.jpg

細かな作業にみなさん真剣です。

pIMG_3429.jpg

そして完成です!こちらは生徒さんのもの。大切な人へ贈るメッセージ入りバナナも一緒にお持ち帰りです。

pIMG_3347.jpg

さすが、先生作。今回のタイトルは「aiのヒヨコおにぎり」です。

poosima4.jpg

生徒のみなさんかわいい〜と。もったいなくて食べれないです。

 

私達も飛び入り参加させていただきましてありがとうございました。

慣れない作業でしたが意外に短時間で作れて簡単で具材の味もおいしかったです。

参加していた生徒さんもみんな笑顔で帰っていてお名前通り愛のある教室でした。

 

今後、大島愛子先生と永井海苔で一緒に海苔を使ったキャラ弁を永井海苔ホームページで紹介していきます。

今回作ったヒヨコおにぎりのキャラ弁の作り方もそこで紹介します。お楽しみにお待ち下さい!

 


Link

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Selected Entry

Search

Other