この時期、食品メーカ各社が揃った秋冬新商品展示会が各地で行われています。
店頭に並ぶ前の新商品をいち早く見たり、試食も出来ます。
こんな所から新商品のアイディアを探します。
当社も新商品の青汁と韓国海苔を並べています。



梅雨真っ只中の6月19・20の2日間、永井海苔2年に一度の社員旅行がありました。
今回の行き先は広島です。
ブログっぽくレポートしたいと思います!


新幹線で豊橋から約3時間、あっという間に広島です。



昼食は広島「お好み焼村」です。「村」といっても雑居ビルのテナントですが。



カウンターでママが焼いてくれます。というか既に出来ていましたが。



麺の上に具材が載っているのが広島風です。好みは分かれるところかな。
ママが言うにはうちの麺は一番とのこと。



午後はフェリーで宮島へ向かいます。厳島神社は世界文化遺産で1400年の歴史です。



お約束の記念写真です。



国の重要文化財の大鳥居です。カヌーで近くから見てもね・・?



厳島神社の廻廊です。潮が満ちていれば海に浮かんでいるように見えるのでしょうか。



潮が引いているのでカニとカニ穴?がたくさん見えました。



ジューンブライドですね。


今回のベストショットかな。



おみやげ店で、もみじ饅頭作っています。今では何十種類もあるそうです。



もみじ饅頭をどこのお店で買おうか迷っていると会社のみなさん「藤い屋」というお店でお買い上げ。5種類セットが楽しめそうです。仕事柄か、おみやげのパッケージデザインというのも気になる訳ですが、こちらのお店の商品はどれもお洒落。



ホテルの部屋から新しいマツダスタジアムの観客席まで見えます。



2日目は原爆ドームと平和記念資料館です。感慨深いものがありました。

と、まあ雨にも降られず楽しい社員旅行でした。おしまい・・。

先日当社で取得しているISO9001の審査がありました。審査員の方がお越しになり製造部を始めとする各部署で品質マニュアルに基づいた業務内容の確認が行なわれました。当社ではISOを始めて取得してから9年が経ちます。今年は営業部も加わり全社で取り組みました。

ISO

ひさしぶりのブログ更新になってしまいましたが、
4月に入って当社にも新入社員の方々が入りました。
製造部、営業部、商品企画部、各数名ずつの入社です。現在はみなさん本社製造工場にて研修中。営業部の方など正式配属となればなかなか工場の中に入ることもないと思いますのでこの機会に海苔の出来るまでを存分に勉強してください。


愛知県の地産池消の取り組みである「いいともあいち運動」は消費者と生産者が一緒になって愛知県の農林水産業を支えていこうという運動です。弊社もこの運動を応援しています。
愛知県豊橋市に本社工場を持つ永井海苔。近くには三河湾もあり、もちろん三河湾産の海苔は当社の主力商品です。
「三河湾産焼のり」と「青粉」は三河湾産の原料を使用した商品です。3月からこの運動のシンボルマークシールを貼って出荷します。シールにもある「EAT MORE AICHI PRODUCTS」(もっと愛知産を食べていただきたい)。
店頭でお見かけの際は一度手に取ってみてはいかがでしょう。

節分も終りましたが、今年は海苔の売り場に「ご祈祷済みのり使用」なんて商品も見かけました。
弊社の得意先で静岡県のスーパー様でもご祈祷した海苔を使った恵方巻きを販売しました。静岡県の久能山東照宮でご祈祷していただいたありがたい海苔です。
海苔がご祈祷されると言うのもなんだか不思議ですが、この恵方巻きを食べた人はきっと願いが叶うんでしょうね。





今日は2月3日節分、恵方巻きの日です。
もう皆様ご存知かと思いますが、恵方(えほう)と呼ばれるその年の縁起の良い方角に向かって巻寿司を無言で丸かぶりすると恵方にいる福の神が願いを叶えてくれると言われています。今年の恵方は「西南西」。今頃日本全国の食卓では丸かぶりをしている方も多いことでしょう。

当社、永井海苔も寿司といえば当然「海苔」ということで関係があります。大手コンビニさんを始め、スーパーの業務用、一般家庭用など様々な場面で海苔が使われています。そして毎年の恒例行事としてコンビニ各社の恵方巻きを食べ比べ、味の官能調査を行い得意先にそのレポートを提出しています。最近では通常巻きや海鮮巻きなどに加えてロールケーキ巻きなどもあります。今年は牛しぐれ煮巻きなんてものもありましたね。

お歳暮のシーズンになりました。
この時期当然ギフトの製造が忙しくなる訳ですが、特に包装部は猫の手も借りたいほどの忙しさになります。事務所の社員もお手伝いに借り出されることがあります。
通常、出荷の物流ホームには商品がダンボールケースに入ったものが出荷されるのですがお歳暮時期は1ヶ1ヶ包装された商品がホームに並び、各ご家庭に出荷されて行きます。
もし、まだお歳暮を決られていないようでしら「永井の海苔」はいかがでしょうか・・・。

今年も早いもので入札の時期になり、愛知県産の第1回目の海苔入札が半田市の愛知県漁連海苔流通センターで行われました。愛知県産の海苔は三河エリアと知多エリアに分けられ、今回は計2000万枚が出荷されました。弊社も仕入担当者が厳しい目で選定します。

本社工場のある愛知県豊橋市問屋町、周辺にはその名の通り卸問屋さんなどが多数あります。そこで年一度近隣の方を対象にバザーが行われます。今年は昨日開催され、日頃よりお値打ちな価格で販売しているとだけあって大勢の人でにぎわっていました。




もちろん永井海苔も出店しています。


Link

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Selected Entry

Search

Other