このたび弊社では、熊本地震における被災地の一日でも早い復興を祈念し、
できる限りの支援をしたいとの思いから、「がんばろう日本!×海苔の産地 熊本応援」商品の販売を始めました。

海苔の産地でもある熊本を応援するため、対象商品の売上げの一部を熊本県や日本赤十字社を通じて義援金として寄付させていただきます。 対象商品は「てりやきのり卓上10切80枚」と「おにぎり焼のり38枚」の2品です。

義援金の金額については販売期間終了後に永井海苔ホームページにてご報告させていただきます。

皆様のご支援のほど宜しくお願い致します。

→熊本復興応援商品の詳細・お買い求めはこちらから

対象商品2品の海苔は熊本県有明海産の原料を使用しています。

海苔膳
当社の海苔製品で「海苔膳」という名前の付いている商品があります。
海苔膳は当社の数ある商品の中でも高品質のブランドで焼のりと味付のりの両方があり、
シリーズで各種展開しています。
この度、「海苔膳」で商標を取得することが出来ました。

商標を取得することにより当社でその名前を独占的に使用することが出来、
他社様はこの名前を使うことが出来なくなります。
基本的には早いもの順で取得出来るためあのiphoneも日本の会社名で似た名前を先に取られていて話題になった記憶があります。
商標を取得した商品はパッケージに小さくRマークを入れることが出来ます。
当社の「磯の煌」も商標を取得していてRマークを入れています。

そんな訳で今後とも「海苔膳」をよろしくお願いいたします。

→海苔膳シリーズの詳細はこちらから

 


 

弊社では2014年2月に「焼のり」で初のハラール(HALAL)認証を取得しました。
そしてこの度、2016年2月に日本ハラール協会の認証を取得しましたのでご報告させていただきます。

社内では昨年から製造部を始めとしたハラールチームを作ってこの認証に取り組みました。
品質管理や 製造工程などの基準をクリアし、改善が必要な箇所は改善し、審査を経て取得することが出来ました。
ハラール認証の焼のりは家庭用商品から業務用タイプのものまで各種取り揃えています。

→永井海苔「ハラール認証焼のり」商品の詳細はこちら

弊社では今週、入社式が行われ女性4名、男性1名の計5名が入社しました。
今後、本社製造部、業務部へ配属されます。
これからの活躍を期待しております。 頑張ってください!


研修中の所、撮影にご協力いただきありがとうございました。
これから「ナガ〜イお付きあい」でよろしくお願い致します。

この春発売した新商品の「お箸で切れるお弁当のり」をご紹介致します。
この商品の特徴は何と言っても商品名の通りお弁当に使用した際に
のりが好きな所で切れることです!

皆さんこんな経験ありませんか?
のり弁当でごはんを端で持ち上げる際にのりも一緒に1枚ベロ〜ンと
付いてきてしまい食べ難いみたいな。せっかくなら好きな大きさでのりが
サクサク切れてごはんと一緒に食べたいですよね。
社内でそんな商品あったら便利だよね、という声から生まれた商品です。
商品化に至るまでに海苔に穴をあける加工に試行錯誤を繰り返しましたが、
遂にどこからでも箸で切れるのりが出来上がりました!

当社の通常ののりと本品を実際にお弁当に使って比較した動画を作成しました。
サクサク切れる様子がご覧いただけます。皆さんもぜひ一度体験してみてください。




→商品詳細・お買い求めはこちらから

 

このたび、永井海苔WEBショップ限定でお茶漬などを各種詰合せたアウトレット商品を発売いたします。
のり茶漬、梅茶漬、かつおふりかけ、松茸の味お吸い物が各10袋、計40袋入っています。
今まで当社のお茶漬やふりかけはギフトセットのみでの販売となっていましたが今回賞味期限が短いアウトレット品のためお値打ち価格で販売いたします。

私もよく知り合いに「永井海苔のギフトに入っているお茶漬やふりかけがおいしくて欲しい」と言われますが、今度からはこちらの商品をおすすめいたします!
皆様もよろしければいかかでしょうか?

→商品詳細・お買い求めはこちらから

私事ですが趣味でカメラとサイクリングをやっています。
なのでサイクリングに出かける際はいつもカメラを持って走ります。
先日、愛知県知多半島の常滑市周辺を走っていた時のことです。
道路標識に「鬼崎漁協」とありまして、愛知県のスーパー様の依頼で鬼崎産の
焼のりを商品化したこともあり、海苔の漁場を覗いてみました。
海苔の養殖方法には「支柱式」と「浮き流し式」の2種類がありますが鬼崎地区では
両方行っています。写真に写っているのは遠浅の海で潮の干満差を利用する「支柱式」です。

太陽の光に輝くシーズン最中の漁場はとても綺麗でした。


奥に見えるのが中部空港です。この周辺は大型のショッピングモールが出来たりと
近年開発が進んでいます。

飛行機と漁場が一緒に写せるフォトスポット発見。

生産者の方でしょうか、船を止めて海苔の収穫準備をしているようでした。
このブログ上部のイラストと同じ光景に若干テンション上がったりして。


このような商品もあります。

このたび2月4日発売の雑誌、週刊文春の「おいしい!私の取り寄せ便」というページに
料理家の栗原はるみさんが弊社の「磯の煌」(いそのきらめき)をご愛用している旨の記事が掲載されました。
このページは有名人の方が日頃より愛用している食べ物を紹介するコーナーです。
記事によりますと栗原はるみさんは弊社の「磯の煌」を四分割して白いごはんを巻いて
マグロやイクラ、チーズや納豆を挟んで食べるのも好きとのこと。
まあなんて、通な食べ方なんでしょう。
この食べ方は簡単でおいしくて弊社でも専用商品がある位で海苔の使い方としておすすめです!

磯の煌は弊社の数ある海苔商品の中でも最高ランクの原料を使用した自信の逸品です。
おかげさまで雑誌掲載後、たいへん多くのご注文をいただき誠にありがとうございます。

→磯の煌商品の詳細・お買い求めはこちら

2月3日節分の日、毎年恒例恵方巻試食会を行いました。
コンビニ、スーパー各社の恵方巻を集め、数名で試食をします。
「私は今回の一番はこれだな」「具のバランスがイマイチかな」「マヨネーズがおいしい!」
等々、思い思いの感想が飛び交います。
それぞれ味の好みがあったり、海苔についてのするどい意見が上がったり、
私はせっせと人数分に恵方巻きを切り分けながら、意見をメモしていました。
(本来、恵方巻は無言で1本まるごと食べるのですが今回は試食会ということなので…)

それでは試食した恵方巻を一部紹介。
玉子、穴子、きゅうり等が入ったベーシックな具材の恵方巻。具材の彩りがキレイですね。


具材が飛び出した海鮮恵方巻。食べごたえがあります。


コンビニ各社発売している肉系恵方巻。がっつり系が好きな方におすすめ。


ベーシックな具材の恵方巻、海鮮巻、サラダ巻の3本入ハーフサイズセット。
色々な具材を楽しみたい方にいいですね。


さて来年はどの様な恵方巻が発売されるか楽しみです。
 

この時期、全国各所で春夏の新商品のお披露目を兼ねた展示会が行われています。
先日名古屋で行われた展示会に当社も出展して新商品を得意先様に案内しました。


新商品の詳細は後日ホームページに掲載しますのでお楽しみに。
 


Link

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

Archive

Selected Entry

Search

Other